壬生藩 (ミブハン)

map
各写真をクリックすると拡大して表示します。

詳細

住所 〒 321-0225
栃木県下都賀郡壬生町
照会先 常楽寺
照会先電話番号 0282-82-0225

下都賀郡壬生城周辺を領する譜代の小藩。戦国時代ここを支配した壬生氏は1590年(天正18)豊臣秀吉の関東制圧に抗して後北条氏と共に滅亡し、以後は日光道中の壬生通りの要地として、徳川家と縁故の深い幕府要職の大名が相次いで封ぜられる譜代大名の城地として明治をむかえている。
1602年(慶長7)日根野吉明が10900石で壬生城に封ぜられたのが当藩の成立である。吉明は日光東照宮の造営に尽力し、また将軍の日光社参の際に壬生城に立ち寄る例を開いた。
次いで1635年(寛永12)阿部忠秋が2.5万石で入封したがまもなく老中に昇進し、武蔵国忍(現埼玉県行田市)へ転封し、1639年(寛永16)三浦正次が2.5万石で入封した。正次は将軍家光の側近として、阿部忠秋と共に六人衆として幕府の中核をなしていた。この三浦時代に黒川の大改修を行っている。1692年(元禄5)松平輝貞が3.2万石で入封し、城下町の整備をしたという。次いで1695年(元禄8)若年寄の加藤明英が近江国水口(現滋賀県)より加増され2.5万石で入封した。
加藤時代に年貢増徴に反対した壬生領百姓一揆(七色の掛物運上一件)が起っている。そして1712年(正徳2)加藤氏と入れ替わりに、若年寄の鳥居忠英が3万石に加増され近江水口より入封した。忠英は壬生領内の殖産興業策の一つとして前任地の江州より干瓢を取り寄せ栽培させ、今日の栃木県名産の礎を作りだしたといわれている。鳥居壬生藩は以後7代続き明治をむかえている。 

他の「栃木の歴史」の情報

 
阿久津村事件
1932(昭和7)年に塩谷郡阿久津村(現高根沢町)で起こった小作料減免をめぐる争議。小作争議史上有数の刑事事件となった。……
 
阿曽沼氏
藤姓足利氏有綱の四男四郎広綱を祖とする佐野氏族。下野国安蘇郡阿曽沼(現佐野市浅沼町)を領した。 広綱は本家の藤姓足利氏……
 
駅弁
1885(明治18)年7月16日、日本鉄道宇都宮駅が開業したが、その日に宇都宮駅で日本初の駅弁が売り出された。 日本初……

この近くのスポット

近隣情報が取得できません
2019年12月10日
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
イベント情報
新着情報